★b型肝炎訴訟によって国から給付金がもらえますが申請期限があるので要注意!!★

b型肝炎訴訟は、集団予防接種等の注射針の使い回しが原因でb型肝炎ウィルスに感染した被害者が国に損害賠償を求めた裁判です。国内には昭和23年から63年までに受けた集団予防接種でb型肝炎ウィルスに感染した人は推定40万人いるといわれています。b型肝炎訴訟は長らく裁判が行われていましたが、和解案がまとめられ、2012年1月にb型肝炎ウィルスに感染した人を救済する特別措置法が施行されました。この法律によって症状にあわせて50万円から最高3600万円までの給付金を受け取ることができます。ただし、当該法律は期限が設定されており、平成29年1月12日までに請求しないと給付金が受け取れなくなるので該当する人は迅速に手続きをとる必要があります。給付対象だと証明するための書類集めや申請手続きなど面倒な作業が多いため、弁護士に依頼することをおすすめします。b型肝炎訴訟に係る弁護士費用は、給付金を受給できる場合、費用の一部として給付金の4%を国が負担してくれます。したがって、弁護士事務所によっては、自己負担額は給付金の4%で済むことが可能です。申請期限が迫っているので、確実かつスピーディに申請して給付金を受け取るためにも、まずは弁護士事務所に問い合わせて見ましょう。b型肝炎訴訟に強い事務所も多く、無料電話相談などを設けているので、いきなり費用を請求されることはありません。b型肝炎訴訟に心当たりがある人は、この機会にぜひ自分も給付対象かを調べてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>