★公認会計士試験でまずは短答合格を目指したいならLECも選択肢の1つ!★

公認会計士の短答式講座公認会計士試験を目指すのであれば大原やTACが人気および実力ともにトップクラスですが、まずは短答式から合格を目指したいという人にはLECという選択肢もあります。LECは短答試験までの合格を目指した「短答合格コース」を開講しています。論文式のカリキュラムが含まれていない分、受講料も378,000円と割安です。短答式試験に合格しなければ次のステップに進めません。また、短答式試験に合格すれば2年間の猶予がもらえるので、論文式試験に専念できます。したがって、社会人で勉強時間がなかなか作れない人、他校の公認会計士講座が高いとう人、まずは短答式に集中したい人は、LECの短答合格コースがおすすめとなります。公認会計士試験で学ぶ知識は高度で難解であり、途中で挫折してしまう人も少なくありません。したがって、とりあえず短答式試験合格を目指し、論文式試験へとステップアップしていくのも1つの方法です。これなら受講料の節約にもつながります。実は、公認会計士試験では短答式試験が一番の関門と言われており、短答式試験に合格した人のほとんどは論文式試験に合格しているのが実状です。つまり、短答式試験に合格できれば会計士の道が見えてくるということです。公認会計士専門学校が提供する通常のコースであれば、短答式試験対策を行いなら論文式試験の対策も並行して行うため、租税法や経営学などの勉強も進めていかないといけません。短答式試験ならこの2科目に時間を割く必要がないため、より集中して対策ができます。以上、短答式試験合格から目指す魅力について紹介してきました。ただし、上記で紹介した3校であれば、どこでも合格できる可能性はあります。後は自分の頑張り次第と講師や教材との相性となってきます。したがって、公認会計士専門学校で迷っている人はまずは、複数校の体験授業を受けると良いでしょう。そして、自分が良いと思った公認会計士専門学校に行くのが一番だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>